FC2ブログ

    スポンサーサイト

    --.--.--(--:--)

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。





    スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

    巨大プレートの潜り込みは、4.5m以上か?限界だ!

    2010.03.22(21:14)

    確実に迫り来る巨大地震、東海地震と東南海地震。
    この2つの地震が同時に起こった場合、どのような被災現場が生まれるのだろうか。

    世の人々は、巨大地震への恐怖のことは十分にわかってはいるが、
    それに対する備えを怠りがちである。
    「棺おけに足を半分つっこんでいる年だから、地震で死んでもしょうがないや。」
    などと、とんでもないことを言うばか者がなんと多いことであろうか。

    日本列島周辺でぶつかり合っている4つの巨大プレート。
    東から太平洋プレートが北アメリカプレートの下に沈み込み、
    南からフィリピン海プレートがユーラシアプレートの下の沈み込んでいる。
    一方のプレートはもう一方のプレートの下に、1年に約2cm~3cmの速度で
    沈み込んでいると言われる。

    1854年の安政東海地震で、ひずみが元に戻ってから今年で156年過ぎている。
    仮に、1年に3cmプレートのもぐりこみが有るとすると、
    3cm×156年=468cm  なんと4m68cmの沈み込みによるひずみがあるのだ。プレートが、ひずみを直す限界の数字である。
              プレート


    地下に横たわる巨大な岩盤が、限界に達したひずみを正す時が来ているのである。
    その時、何が起こるのか誰も知らないのだ。


    わが身を守るため、今、何をしておくべきかこれでお分かりであろう。

    がんばれ、日本!!

      地震起こる            地震大国

               とうかi

    リフォーム・増改築・耐震診断・耐震補強は愛知ホームサービスへお気軽にご相談ください。TEL (052)822-3250  
    スポンサーサイト





    コメント
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:
    http://aichihome.blog81.fc2.com/tb.php/200-b2b6cb8c
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。