FC2ブログ

    スポンサーサイト

    --.--.--(--:--)

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。





    スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

    カーボンクロス(炭素繊維)による基礎補強

    2011.06.23(23:40)

    3月11日の東日本大震災後、「コンクリート基礎のひび割れが、震災の前より幅が広がり
    長くなったので見てほしい。」と電話してこられる方々が多くなった。

    また、「市町村の無料耐震診断を受けたが、耐震補強工事をしたいので相談に乗ってほしい。」
    と電話してこられる方々も多くなった。

    先日、名古屋市内で基礎のひび割れ(クラック)の補強をされた方は、
    築25年でハウスメーカーのツーバイフォーの鉄筋コンクリート基礎造りの家でした。

    基礎の換気口周りに出来たひび割れは、全部で6箇所ありました。
    また、2階に居室があり1階が駐車場になっている基礎には、約4.2mの長さの
    ひび割れが横に伸びていました。

    コンクリート基礎は、建物を支えるだけでなく、地震時に建物の揺れと作用する力
    を平均的に地盤(地面)に逃す大切な役割を持っています。

    基礎にひび割れ(クラック)があると、地震時に揺れと荷重がバランス悪く
    地盤へ伝わり、家に大きなダメ-ジを与えてしまいます。

    基礎のひび割れは、直しておかなければいけません。



    コンクリート基礎のひび割れ(クラック)
    IMG_2682.jpg  P1010009.jpg  P1010008.jpg


    爆裂した換気口周りの基礎

    P1010004.jpg   P1010010.jpg  P1010007_20110623224501.jpg

    基礎のひび割れをどうする? ひび割れをどのように補強する?
    ① 既設の基礎に鉄筋コンクリート基礎を抱き合わせる、増し打ち工法がある。
    ② 炭素繊維(カーボンクロス)を貼り付ける基礎補強。
    ③ エポキシ樹脂を注入する方法。  

    今回の現場では、駐車場を狭くしない条件があるので、カーボンクロス貼り付けと
    エポキシ樹脂の注入による基礎の補強工法を採用した。

              1 左官一筋50年の職人さんによる、化粧モルタルはがし
              IMG_2685.jpg

              2 はがし完了 基礎本体にひび割れが見えてきた
              IMG_2695.jpg

              3 下地処理のあと専用プライマーと専用接着剤を塗布する
              IMG_2702.jpg

              4 カーボンクロスの貼り付け
              IMG_2704.jpg
              IMG_2705.jpg

              5 仕上げのモルタル塗り(下塗り)
              IMG_2717.jpg

              6 モルタル上塗り
              IMG_2720.jpg

              7 完成
              IMG_2731.jpg
      

    換気口周りの基礎の爆裂
               P1010004.jpg

    無収縮モルタルによる、コンクリート剥がれの補修

               IMG_2730.jpg


             耐震補強工事の施工例はこちらからご覧ください>>
    スポンサーサイト





    コメント
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    トラックバックURL:
    http://aichihome.blog81.fc2.com/tb.php/279-7024dfdd
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。